スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

自分語りをしない事こそが最大の自己PR

最近つぐづぐそう思うようになってきました。
必要以上に自分自身を誇示するのは間違いなく
人が離れていく要因になるのではないか、と。


ただ「個性」を重んじるという風潮は年々増す傾向にあり
自己PRを評価基準とする学校・企業も増えつつあります。


もちろんそれが求められる場であれば、
的確な形でどんどんと自分をアピールすべきでしょう。


問題なのは飲み会・交流会等の場で必要以上に自分を売り込む人。


会って間もない相手に最低限の自己紹介程度にとどめるなら
まだしもお互いに打ち解け話が弾む段階になると段々と
その話題の中心が「自分語り」になっていく人を目にします。


その会話が『オレは学生時代インターハイに出場して・・。』
『自分は起業し今何人もの部下を管理してて・・。』


とやたら「オレ」「自分」「アタシ」等1人称を多用しているような内容。
その内容の大半が自慢話で、
中には苦労話(そんな人に限ってたいして苦労してなかったりしますが)
を交えて自分をアピールする人もいます。


これも1種の自慢話とみてよさそうです。


自分語り特に自慢話をする者は
どこの世界でも煙たがられる存在とされます。


もし本気で自己PRしたいなら自身の事を一方的に話すよりも
まずは徹底的に聞き役に回り、相手の話を充分理解した上で
「そういえば自分も・・・」と共通の話題が出た段階でバランスよく自分を
出すよう心がけるべきではないかと思います(全く話さないのも考えもの)。


「気持ちを配慮できる人」として相手にしっかりとPRできるでしょう。


また才能に秀でた人なら語らずとも
雰囲気だけでその才能が周囲の人に伝わる場合があるので、
やはり無理に自分を売り込もうとせず
上記の様に「聞き上手」に接すれば自然な形で自身の持っているものが
相手に伝わっていくでしょう。


自分語りをしない事こそが最大の自己PR


今回全くお得でもなんでもないような話をしてしまいましたね。
ネタ切れ気味なもので(笑)


それにしても最近は「空気を読む」という風潮が蔓延化してるのか
以前程自己主張をする人は若い世代を
中心に減っている傾向にあるかもしれません。


守りに入り過ぎる人生もなんだかなぁ~(苦笑)


せめて伝えるべきポイントだけはしっかりと伝えるべきじゃないですか??


他のブログもぜひご覧下さい☆

ブログランキング にほんブログ村

スポンサーサイト

2009年05月30日 その他 トラックバック:0 コメント:2

<< 月末プレゼント企画 | 裏技ドットコムTOP | 普通に検索するのってもったいなくない? >>

オレにも思いあたるトコあるわ(・・;)

2009年05月31日 ブカキョン URL 編集

自身を観察されているなら数百倍マシですよ☆

問題は相手に会話の余地を与えない位
自己主張に溺れている人でないかと・・・。

2009年05月31日 裏技職人 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。