スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

DVDレコーダーのXPモードとSPモード

DVDの録画・ダビングの際に気になるのが
、XPモードとSPモードの違い。


何が違うのか?って感じですよね。


『そりゃXPモードは最高画質だから
当然SPモードよりも画質優れているんだろ?』


では両者で撮った分を見比べて下さい、
はっきりとした違い分りますか?


『うっ・・・何かあんまり変わらんような。』


そうなんですXP・SPには
明確な違いはないのです!
では両者どこで機能面で差が生じるのか
といいますと・・・「音」です。
この音声機能をSPモードでは
若干質を落としているのです。


そしたら実際聞き比べたとしても・・・
正直識別できないレベルじゃないでしょうか?!
こちらに関しては違いが生じても
非常に微々たるものといえます。


今回要するに何を伝えたいかと言いますと
画質に違いが見られないのであれば(音にもこだわらず)
XPモードでDVDメディアを丸々1時間分使うよりも、
SPモードで2時間分まで録画できるようにした方が良いかと。
機能面をあまり把握していないコレクターに限って
やたらXPモードで録画する傾向にあるようで
これは非常にもったいない使い方のような気がします。


いくら薄いとはいえDVDメディアも
枚数増えると結構スペースとりますしねぇ。
ワタシの場合いつもスピンドルケース(筒型のケース)
に入れて保存してる訳ですが(^^)b


ブログランキング にほんブログ村

スポンサーサイト

2009年06月16日 DVD、動画等 トラックバック:0 コメント:0

<< 真に受けちゃいけない断り文句集 | 裏技ドットコムTOP | マンガ喫茶泊まる前に準備しておきたいもの >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。