スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

真に受けちゃいけない断り文句集

『検討しときますわ~。』


営業マンなら必ず耳にするフレーズ。
よっぽど鈍感でない限り、
それが断り文句であると気づかない人は
いないでしょう。


他にも定番の断り文句としては


『間に合ってますんで。』

『~と相談してみます。』

『何かあったらこちらから連絡させてもらいます。』
↑ これ大っ嫌い(笑)

『資料だけ送付して頂けますか?』
↑ どうせ読まずにほかす気だろ(怒)


特に下の2つのフレーズは客側は
ある程度気を回したつもりでも、
営業側からは断りであるのがもろバレ。


ならばあっさり『結構です。』
と言ってもらった方がお互い
後腐れなくて良いと思います。


問題はこれらの断り文句を
真に受けてしまう営業マンがいて、
本当に見込みアリと勘違いし、
長期間振り回されたり資料を送ってまだかまだかと
吉報を待ち続けているという状況に陥っている事。


もちろん全てがダメという訳ではなく、
場合によっては相手側の担当者が代わる等の要因で
状況を奇跡的に覆すケースも有り得るかもしれません。


しかし現実的な考えではないですね。


やはりこれは時間のムダ以外の何物でもありません。
そんなお客に対しては『邪道だ!!』
とお叱りを受けるかもしれませんが
『もしご興味のないお話でしたら今回は・・・』
てな感じでこちらから早めにアウトを切り出した方が良いかもしれませんね。


次の見込み客を効率よく探す為にも☆


ブログランキング にほんブログ村

スポンサーサイト

2009年06月17日 その他 トラックバック:0 コメント:0

<< お知らせ | 裏技ドットコムTOP | DVDレコーダーのXPモードとSPモード >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。