スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

暴漢に襲われた時の効果的な対処法

ぶっそうな世の中ですからね~。
いつ自分の身に災難が降りかかってくるのか
全くもって予想できません。


男性のワタシでも正直夜道(特に土地勘ないトコ)
の一人歩きは少々恐かったりもします((;゚Д゚))


そこでもし窃盗・恐喝等の暴漢に
襲われる場面に遭遇した時ですが
今日はその対処法について書いてみようと思います。
女性の方は特に必見ですね☆


皆さんこのようなケースでしたら普通に


『助けて~!!』


と叫ぶでしょう。


しかし実はこの「助けて」というコトバ
周りに本当に助けを請う場合、
ほとんど無意味だったりします。


というのもこの一言を発する事によって
周辺の住民は暴力団もしくは不良グループに
誰かが襲われている場面を想像しまい
皆びびって窓を開けようと思いません。


つまりこのままではあなたが
財産・生命を脅かされる危険から
逃れられない訳です。


とりあえずこの危険な場面を周辺の住民に
一人でも多く知らしめる事が先決です。


いくら図太い暴漢でも第三者が見てる中
堂々と犯罪を行う事はないでしょう。
つまり誰かが見てるのに気づけば暴漢は
手を止め、姿をくらましていくはず。


じゃあどうやって周りの人に
危険を知らせる状況に持ち込むのか?


それは皆さんの「やじ馬根性」を利用するのです。


この一言を使えば周辺住民の90%以上は一斉に
窓を開けて、もしくは外に出て様子を見るでしょう。
それは・・・


『火事だ~!!』


と発するのです。


火事なんて思いっきり大ウソですが(爆)
皆さんの好奇心を刺激するにはかなり効果的です。
何せ「火事」なので我が身の危険も心配して
近所の人は間違いなく窓を開け様子を確かめずには
いられなくなります。


大ウソであろうがなんであろうがとにかく
皆が一斉に窓を開けたらしめたもの。
そこで改めて助けを請うわけです。


ほんの僅かな時間が致命傷になり兼ねませんからね
全てが全てあてはまるとは言い切れませんが
臨機応変に使い分け命拾いした人もいるでしょう。


まあそもそもそんな危険な状況にすら
さらされないのが一番なんですけどね(苦笑)


ブログランキング にほんブログ村

ブログセンター


スポンサーサイト

2009年08月06日 その他 トラックバック:0 コメント:0

<< DVDメディアの保管について | 裏技ドットコムTOP | 何ていう名前かはわかりませんが・・・ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。